ドラマ【SUITS/スーツ】のファッションまとめ 憧れのレイチェルになるには?


SUITS/スーツのヒロインであるレイチェル

前回の記事はこちら↓


前回のハーヴィーの記事に引き続き、今回は憧れのレイチェル・ゼインのファッションに注目していく。

あのヘンリー王子との婚約も報じられるエレガント女子メーガン・マークルを一躍有名にした最高のハマり役、レイチェルのような着こなしはどうやって実現するのか?

SUITS/スーツの視聴はこちらから!2週間無料トライアル実施中

ぜひ職場やプライベートでのファッションの参考になれば幸いだ!

 

スカート

もはやレイチェルのファッションの代名詞になっているのがペンシルスカートと呼ばれるスカートだ。

ペンシルスカートはその名の通り「鉛筆」のようにスカートの先が細くなっているタイトスカートの一種で、腰からヒップにかけての形が出やすいのが特徴だ。

レイチェルのペンシルスカート
ペンシルスカートはレイチェルの代名詞!

あなた一体何枚持ってるの!?

と言いたくなるくらいレイチェルはたくさんのペンシルスカートを保有している。

ブランドに強いこだわりはないようで、バナナ・リパブリック、ST. JOHN(セント・ジョン)、ドルチェ&ガッバーナ、アレキサンダー・マックイーンなど様々なブランドのものを着用している。

パターン(柄)は無地のものがほとんどだ。

 

トップス

レイチェルのファッションはシーズンを追うごとにどんどん洗練されているが、シーズン初期から一貫して最も多く見られたファッションが、ペンシルスカート+シャツの組み合わせだ。

胸元のボタンをスタイリッシュに開け、肘のあたりまで腕まくりするというスタイルが多い。

色は白や薄いブルーなど、ライトな色合いを好むようだ。

現実にはシャツの胸元を開きすぎると職場でアンプロフェッショナルという印象を与える可能性があるため、必ず試着の上、自分の体型に合うものを選ぶようにしよう!

また後期のシーズンでは、よりVネックのセーターやカットソーをよく着るようになっている。

ブランドや色は様々で傾向を見つけるのが難しいが、ネックの角度は広めのものが多いようだ。

シャツの場合と同様に腕まくりをしたり、予め7部丈やノースリーブのものを意識的に選んでいるようで、少し窮屈な印象のペンシルスカートと合わせたときも、全体としては軽やかな印象を与えている。

スカートと同様、トップスも無地のものが圧倒的に多い。

 

シューズ

レイチェルはいかなるときも背の高いハイヒールしか履くことはない。

もともと身長が170センチを超える長身のレイチェルだが、あえて背の低い靴を履いて男性に合わせるようなことはしない。

実はルイスを演じるリック・ホフマンも180センチ近い身長があるのだが、ヒールを履いたレイチェルと比べるとかなり小柄に見えてしまう!

色は黒・茶・グレー・白など控えめな色の無地のものが多く、パターン(柄)の入った靴はほとんど持っていないようだ。

ブランドはヴァレンティノやプラダなど様々だが、中でもサンローランはお気に入りのようだ。

ハイヒールは座った時のシルエットにも絶大な影響あり

ピンヒールは通勤の時ちょっと・・・という方も多いかもしれないが、ペンシルスカート+ヒールの組み合わせは座った時のシルエットも非常に美しいので、オフィスに一足置いておくのも一考の価値ありだ!

 

アクセサリー

「アクセサリーは小さいものを最小限に、でも必ず見えるところに」というのがレイチェルのスタイルだ。

まず胸元を開けたシャツやVネックを着ることが多いレイチェルにとって、ネックレスの存在は欠かせない。

ともするとアンプロフェッショナルな印象を与えかねない開いた胸元も、シンプルなネックレスの存在によって一気にエレガントなものへと変わる。

また、腕まくりや短い袖のシャツを選ぶことが多いため、腕時計かブレスレット(もしくは両方)も頻繁につけている。

腕に何かつける時には必ず左腕に、右腕には何も着けないのがレイチェルのスタイルだ。

こちらもネックレスと同様、デザイン的に派手なものはほとんど身につけない。

SUITS/スーツのヒロイン、レイチェルの時計はマイケル・コース

全体として大切なのは、レイチェルのように無地のトップス+スカートと組み合わせるとき、アクセサリーは最小限に留めた方が却って引き立つということだ。

実際レイチェルは、大きめのネックレスをつける時には腕には何も着けず、腕に大きめの腕時計やブレスレットをつける時は小さめのネックレスを選ぶことが多い。

相手の視線をどこに誘導するかを考え、アクセサリーを最小限に留めることで、エレガントかつプロフェッショナルな印象を与えているのだ。

色については、レイチェルの浅黒い肌の色と合わせるためにゴールドのものを身につけていることが多いが、こちらは無理をせず自分の肌の色に合ったものを選ぶといいだろう。

ブランドについては様々なものを身につけており傾向を見つけるのが難しいが、マイケル・コースのアクセサリーはお気に入りのようで、よく身につけている。

ちなみに上の写真でレイチェルがつけている腕時計もマイケル・コースのもの(↓)だ。

 

バッグ

やはりオフィスシーンが多い「スーツ」においてバッグの存在は欠かせない。

レイチェルは比較的大きめの革のトートバッグか、ハンドバッグを持っていることが多い。

スーツのもう1人のファッションアイコンでハーヴィーの秘書のドナはいつも小さなハンドバッグを持ち歩いているため、2人は非常に好対象と言えるだろう。

小さいハンドバッグを持つSUITS/スーツのドナ

ファッションにおいてもハーヴィー&ドナの大人カップルと、マイク&レイチェルの若者カップルはあらゆる面で対象を成しているので、比較しながらドラマを見返してみるのも楽しいかもしれない!

 

いかがだっただろうか。以上がドラマ【SUITS/スーツ】のファッションまとめ レイチェル編だ。

オフィス・ファッションの参考になれば幸いだ!

SUITS/スーツの視聴はこちらから!2週間無料トライアル実施中

ハーヴィー編の記事はこちら(↓)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Comments are closed.